社労士の資格取得のための大学

社会保険労務士の資格を取る方法はいくつかあります。独学で学習する方法もあれば、通信教育を受けたり、資格取得のための学校へ通うといったような様々な方法があります。一般的に通信教育を行っているのは大手の予備校が多いのですが、高等学校からの進学先である大学でも行われています。それらの大学の中に、産業能率大学という大学があります。
ここでは、資格取得のためのコースがいくつかあり、それぞれに内容が若干異なりますが、どういった学習をするかによって選ぶことが可能になっています。よく気になるのが評判ですが、こういった大学の通信講座の場合は、大手の予備校と提携していることも多く、講師などはその予備校から派遣されていることも多くなります。要するに委託して開講しているといったことになります。そのため、その大学の評判というよりは、その提携している大手の予備校の影響力が強いと考えればいいでしょう。但し、一般の予備校での講座との違いとして、資格の取得だけでなく、短大卒の肩書も得られることができるようになっています。
また、実際の資格取得の際の合格率を考えた場合、その大学がどうこうというよりも、その提携している予備校の合格率を含めて考える必要があります。講座の内容としてはその予備校のものと大きな違いはないからです。もちろん、最終的には本人のやる気と適正といったところが大きな要素となりますから、合格率が高いところを選ぶことも重要なのかもしれませんが、どういった人達がその講座を受けているのかを含めて考えなければあまり意味のない数字と言えるのかもしれませんね。

社労士資格のための通信講座

社会保険労務士は国家資格であり、社会保険労務士になるためにはその試験に合格しなければなりません。そのためには当然ながら専門知識を学習する必要があります。参考書や問題集を購入して独学で学習する方法ももちろん可能ですが、やはり一般的なものと言えば、資格取得のための予備校や大学で行っている通信講座等を受講するのが一般的と言えます。
それらの中でもその資格のみに特化した専門校であるiDE社労士塾は他の予備校等々は異なり、単なる資格取得のためだけの学習ではありません。そのため、内容のボリュームとしてはかなりのものがあります。そのため、とことん勉強して知識を深めたい人に向いているということが言えます。
特徴としては、通信講座ですから他の通信講座と同様にどこでも受けられるということになりますが、開講している場所が東京本校と大阪教室しかありませんから、教室へ通学を希望する場合はかなり地域が制限されてしまうことになります。ですが、講義をどうしてもリアルで受けたいというのがなければ、特に問題はありません。実際の質問等に関しても、一般的なものではメールやウェブでの投稿となりますが、電話での質問等も受け付けているので、その質問の状況に応じた詳しい回答を得られることができるようになっています。
実際にこのiDE社労士塾は評判もなかなか良いものとなっています。通常の講義の場合、単なる解説的なものが多いのですが、それぞれの法律の背景なども教えてくれたりするので、それぞれの内容がイメージしやすい。といったような点が高評価になっているようです。その分ボリュームが増しているとも言えます。

社労士資格取得のための講座

最近では社会保険労務士や行政書士は飽和気味と言われていますが、それはやはりその資格に人気があるという証拠でもあります。かといって、その資格が意味の無いものと言うわけではなく、やはりしっかりとした資格ですから取得しておいて損はありません。もちろん、それらに関連した資格も併せて取得しておけばより有利であるということもできます。但し、あまりに手広く広げ過ぎて、器用貧乏といったことにならないように注意することも必要です。
実際に社労士の資格を資格を取るとなると国家資格ですから、国家試験を受け合格する必要があります。と、いうことは試験のために勉強が必要ということになります。ただ、その後の実務を考えると、資格を取るためだけではなくて実務まで考えた勉強をしておいた方がいいのかもしれません。実際の勉強は独学も可能ですが、一般的には予備校や大学などの開講している通信講座を利用するのが多くなっています。
LECでは札幌から那覇まで、いろいろな地域に教室があるので、通信講座だけでなく通学して受講することも可能になっています。全国展開と言っても教室のある地域は限られますから、本校や教室のある地域では可能ということになります。講座の内容としては、資格取得のためだけではなく、より総合的な分野となっています。そのためか、評判も良し悪しが混在しています。こういった通信講座の選択は、単に評判の良し悪しではなく、自分に合っているかが重要となります。そのため、可能であれば無料体験等で自分のスタイルや目的に合っているかしっかりと考えた方がいいかもしれませんね。

社労士資格取得のための勉強法

社会保険労務士は人気の職業、また、国家資格で略して社労士などと呼ばれます。ですが、人気とは裏腹に難易度の高い試験となっています。合格率を見てみると、平成19年に10%を超えていますが、だいたい7〜8%前後を推移しています。平成25年には5%まで下がっており、翌26年には9%まで上がっていますが、それでも10%を切っている状態ですから、どれだけ難しいかが分かると思います。
ですが、その難易度がそのまま当てはまるかというと、そうではないのです。願書は出したが受験していないと言う人もいます。また、受験の回数も人それぞれで、受験回数によっても変わってきます。ですから、あまりその合格率には拘らない方が良いと言えます。但し、今回が何回目の受験なのかによって変わってくるからです。実際の合格者が何回目の受験で合格したかといった統計でも出れば、もう少し分かりやすい合格率といったものがでてくるでしょう。
実際の勉強法としては、独学、通信講座、それに加えて通学といったところが大きな分類となります。ですが、自分が合格するための手段としては、これらの選択ではありません。試験までの準備期間、つまり学習する時間をしっかりととるということなのです。試験までが期間があまりない状況でとりあえず勉強したところでそうそう簡単に合格する試験ではありません。ですから、合格の可能性を高めるには学習の時間をしっかりととって備えることが大切になります。そのため、まずはいつの国家試験を目標とするかといった設定が重要になってきます。